どんどん貯まって嬉しいエポスカード☆

私の愛用クレジットカードはエポスカード。元々、マルイで買い物をしていて、今日入会すればその場で2000円引きということで、入会金も無料だったので入会しました。私自身、わりと小さな買い物もすぐクレジットで払うため、知らぬ間にポイントが結構たまっていました。マルイで買い物すれば1%、その他では0.5%がポイントとして還元されます。この辺は普通のクレジットカードと変わらないかもしれませんが、エポスカードのすごいところは、あっという間にゴールドカードにランクアップします。定義としては年間50万円買い物していればとのことですが、公共料金やケータイ料金などをカードで払う設定にしておけばわりとすんなりゴールドカードに切り替わります。ゴールドカードになると年間50万円以上のお買い物で0.5%(つまり2500円分)、100万円以上のお買い物で1%(つまり10000円分)のボーナスポイントも還元されます。私自身、特にポイントを意識していませんでしたが、知らぬ間に8000円貯まっていて、マルイで靴が無料で買えたり、約3万円分のVJA商品券と交換したりと、カードを使って買い物してるだけなのにお得な思いをさせてもらっています。

クレジットカードは枚数を厳選して

最近は年会費が無料というクレジットカードが増えてきています。そうなるとコストパフォーマンスで比べることが難しくなるのですが、どこで比べるのが良いのでしょうか。ひとつはスタンドやショップのカードにしようかと悩ん場合、そこのスタンドやショップをよく使うならば、思い切って申請する事をお勧めします。私の場合、ネットショップをよく活用するのですが、ほとんどが楽天市場を使うため楽天カードを作りました。いつもポイントが少し上乗せされる、というのはヘビーユーザーには利点です。しかしたくさんのカードを作ると、使わないカードが必ずといっていいほど出てきます。たくさん使う機会があるかどうか、を一番に考えてクレジットカードの枚数を少な目にしましょう。

クレジットカードは一括支払いで使おう

クレジットカードって現金がなくても買い物がてきるというかできてしまうので注意しなければいけません。そもそもクレジットカードでの買い物は短期の借金ですね。まあ、昔で言うところの飲み屋のツケみたいなもので信用を担保に支払いは後日にするってことです。このクレジットカードに便利な支払い方法があります。リボリビング払いというものでリボ払いともいわれます。どんなものかというと本来の請求額にかかわらず一定金額のみを返済していくシステムです。これは便利なようで一体自分が今いくらの借金をしているのかがわかりづらくなりますし、さらに気付かないうちに大きな金利も支払うことになります。ですから、クレジットカードを使うのなら、必ず一括支払いできる範疇で使いましょう。

引落前の確認

私がクレジットカードを使い始めたのは一年程前の事で、その便利さに今はクレジットカードを手放すことが出来なくなっています。最初の内は、いくら一括払いと言えども借金だ、という意識があったのですが、溜まっていくポイントを見て嬉しくなったり、支払い手続き速さに感動してしまい、今ではほとんどのものをクレジットカードで払っています。ですが、そんなクレジットカードを使っている中で、ヒヤッとすることが一度ありました。それは、口座の引き落とし日の事を忘れて、お金を口座に入れていなかった時です。ネットで調べると、支払いが出来ていないとブラックリストに入れられてお金が借りれなくなったり、ローンを組めなくなったりと、当然ではありますが自分にとって不利益なことが起こるそうで……。すぐに連絡をして、再引き落としをしてもらいましたが、もし取り立てに怖い人が来たらどうしようと、凄く怖かったです。それ以降、うっかりが無いように、出来るだけ事前に口座へお金を入れるようにしています。ホント、ご利用は計画的に、です……。

最初に手にするクレジットカードと末永くお付き合い

クレジットカード選びにおいて、やはり「最初に持ったクレジットカード」こそ、ずっと長く使い続けて行くことになるな?と、身をもって実感しています。ですから、クレジットカード各社が「若者が最初に持つクレジットカードの勧誘」に力を入れる戦法は、確かに強いとは感じますね。だって、かく言う自分もUFJ二コスのクレジットカードは、ヤングゴールドカードから入っていますからね。そして結局、そのままヤングゴールドカードから一般のゴールドカードへと移行して、そのまま使い続けていますから。年会費だって一般会員に比べますと高めですけれど、しかしこれまで使用してきた年数によって、与信額も大きいですから車の購入に際して便利だったりするのです。ですから解約しないでいますもん。そういうわけで、やはり最初に会員となったクレジットカード会社とそのまま長いお付き合いになることが多いということで。ですからこそ、最初に持ってもらうための勧誘は重要だと言えるでしょう。