クレジットカード会員が加入できる個人賠償責任保険はおすすめです

クレジットカードには様々な付帯サービスがありますがその1つとして個人賠償責任保険に加入できるカードがあります。私が所有しているカードには年1440円で家族全員を対象に個人賠償責任保険に加入できるサービスがあります。やんちゃな男の子がいていつ誰のものを壊したりするかもしれないと心配だったので、個人賠償責任保険に加入していました。しかしそのことをずっと忘れていたのですが、先日友人宅でふざけていてテレビを割るというトラブルを引き起こしました。半年前くらいに購入したばかりのものらしいです。当然弁償し、新しいテレビ購入代で7万円を支払いました。しかし2週間くらいしてからふと個人賠償責任保険のことを思い出し、ダメ元で問い合わせるとなんと保険の対象になりました。弁償したテレビの代金ではなく壊してしまったテレビの時価額になりますが、約5万円が戻り家計が助かりました。上限1億円までの保証があるそうです。月120円程度の負担で安心を買えるので安いものですし、今回のことで加入しておいて良かったと思いました。

お世話になっています、クレジット会社の保険。

先月は両親揃って誕生日月でした。元気なのですが二人とももう老人という年齢。そこで今年は奮発して高級羽毛布団をプレゼントしました。テレビショッピングの『ご購入者様のお声』さながら喜んでくれた両親の笑顔に私も大満足でした。ところが先日、近所に行ったついでに実家に寄ってみると、両親の元気がなく、布団の話題が出ることもありません。「使い勝手あんまりよくなかった?気に入らなかった?」不安になって聞いてみると、上の部屋からの水漏れで布団を汚損してしまい、貰ったばかりなのにどうしようと二人で慌てて困っていたのだそう。「なんだ、そんなことなら早く言ってよ~逆に早く言わなくちゃダメだよ!」私もホッと安心。クレジットで購入した商品なんだから保険でどうにかなっちゃうんですよ。購入してまだ1ヶ月でばっちり保証期間だったので、購入店とクレジット会社に連絡をしてすぐに無償交換してもらいました。これにはクレジット嫌いの父親も関心した様子。これでやっと老人にもクレジットの良さを少しは理解してもらえたかしら?

自分に合ったクレジットカード探し

私はこれまで作ったクレジットカードは3枚ですが、一番最初に作ったカードがメインカードとして自分に偶然合っていたと思います。クレジットカードを使う前は何をどれぐらいカードを使うかというのが予想しにくいのでどういったカードがいいか悩むところです。何かと特典が多かったり、魅力的なサービスであれこれ考えますが、特典やサービスを利用できる機会が本当にあるかを考えてみるといいと思います。私の場合はそれほど利用金額も多くないことから最初に作ったカードで年会費無料というのがちょうどよかったし、年会費無料でありながら海外旅行の保険がついていたというのも海外旅行好きの私としてはぴったりで、このカードをメインカードとして一番長く持っています。

学生におすすめのクレジットカード!

私が学生さんにおすすめするクレジットカードは、楽天カードです!なぜおすすめするかと言うと、楽天カードはネットで簡単に申し込めて、初めての方でもわかりやすく入力することができ、時間がない学生さんでもパパっと作ることができます!それにクレジットカードによっては年会費がかかるのもあるのですが、楽天カードはなんと無料なんです!あと、クレジットカードには審査があるのですが、楽天カードの審査は初めての私でも簡単に受かることができたからです。身分証明するのもネットで簡単にできるし、初めて持つカードに持ってこいだと思います。また返済方法も自動リボルビング払いという方法があって設定してるだけで、毎月一定額の返済ができるので大きな買い物をしたくてもすぐには返せない・・・という学生さんにおすすめの返済方法です!その他にも楽天Edyをクレジットカードに付けることもできます。楽天Edyがあればコンビニやスーパーなどで時短で買い物することもできるしお金を出す手間も省けます。楽天カードアプリというのもあるので、それを使えば、いまどれくらい残高があって、今月はどの店でいくら使ったのか把握することもできるので初めてなら絶対楽天カードをおすすめします。

海外に飛び立つ前にカードの事を知っておくべきです

海外旅行に慣れている方はなんとなくご存知だと思いますが、初めて海外に行く時は不安でいっぱいです。私もその中の1人で、30歳になってから友人とハワイへ旅立ちました。クレジットカードは持っていましたが、日本での買い物は殆ど現金派で、海外でも現金だけで良いかと最初は思っていました。しかし、海外旅行に詳しい友人によると海外だと現金では払えない所もあるそうです。私の所有カードは、三井住友VISAとアメックスゴールドカードで、むしろ現金は持って行かずカード1枚では不安なので2枚持って行く事にしました。ハワイは5泊6日でいざ出発です。長いフライト時間が終了し、ホテルに行く前に食事や買い物をする事に。勿論、支払いはカードです。VISAとアメックス両方提示しましたがアメックスは使えませんでした。それより、どこもVISAの方が大活躍。支払いする時に支払い回数も聞かれず良いのかな、と思ったら友人が、海外は日本と違い一括払いしかないと。そんなに高額な買い物はしなかったので良かったです。少し話は飛びますが、海外3日目を迎えた頃久しぶりに日本人と遭遇しました。何だか懐かしくて話しかけて色々な話をし、話の中で知った事があります。海外で怪我や入院となったら日本と違い何かと医療費がとても高いそうで、VISAカードは海外旅行保険が付いていて、万が一の時に保険がきく場合もあるそうです。ただカードを所持してた私は恥ずかしくなり、日本に帰ったらちゃんと説明書を読もうと決意しました。結果的には、旅中は怪我もなく無事に帰りました。ハワイだったら、殆どの所がVISAカードの利用が可能で他の国でも万能みたいです。一方アメックスはあまり出番もなく終了かと思いきや、日本に帰ってきた時、手荷物が重いので配送をお願いした所、なんと無料でした。びっくりです。アメックスがここで活躍するとは思いませんでした。後で調べたら、支払場所は少ないけど飛行機事情での遅延保証も付いている頼もしいカードでした。私はカードの事をよく調べずに持って行ってしまったので反省してます。幸いな事にVISAカードを持っていて大正解。これから海外旅行に行く方はVISAを作っておくと安心です。カードは直ぐには発行されないので、2週間ほど余裕を持っていれば安心です。普通に日本でも使えるので、損はないと思います。

クレジットカードをどこで携帯するか

私は現在ほとんどの買い物クレジットカードで済ますことにしています。小銭入れを持つ必要はなくなり、非常に便利だと感じています。会社用のクレジットカード1枚とプライベートのクレジットカード1枚で十分です。問題はどこで携帯するのが1番便利かと言うことです。折りたたみ式の財布に入れるべきなのか、スマートフォンの手帳型のケースに入れるべきなのか、定期入れに入れるべきなのかいろいろ迷っています。どれを1番持ち歩く機会が多いかと考えたときに現在はスマートフォンです。ただし、もしものことを考えて財布を持ち歩かずに買い物するということもリスクがあるのでどうしようかと迷っています。いずれにしてもスマートフォンと財布は必ず持ち歩きますのでどちらかとセットで持つことがベストだと思っています。

年会費無料のクレジットカードでおすすめなのはヤフーカード

年会費無料のクレジットカードはたくさんの企業が提供していますが、特におすすめのクレジットカードはヤフーカードです。ヤフーカードは年会費無料で利用するたびにTポイントを貯める事が出来ます。特にヤフーショッピングなどヤフーのサービスでヤフーカードを利用して買い物をした場合は通常の3倍のポイントが付与されるなど還元率もかなり高いです。Tポイントは日常生活で買い物をする時も店舗などでよく利用するので経済的に大きなメリットになります。クレジットカードには国際ブランドをありますが、企業によって種類が変わってきてしまいます。そのため企業によっては自分に適した国際ブランドが選べない可能性がありますが、ヤフーカードの場合はJCB、VISA、MasterCardの3種類の国際ブランドの中から選ぶ事が出来るので自分に適した国際ブランドを利用する事が出来ます。国際ブランドの選び方は自分がどこでヤフーカードを利用するかによって国際ブランドを決めるといいです。JCBは基本的に国内で利用出来る店舗が多いので国内中心に生活をしている人が適しています。VISAやMasterCardは国内だけではなく海外でも利用出来る店舗が多いので海外旅行など海外に行く回数が多い人に適しています。クレジットカード年会費無料で選べば費用が掛からないのでお得です。

どんどん貯まって嬉しいエポスカード☆

私の愛用クレジットカードはエポスカード。元々、マルイで買い物をしていて、今日入会すればその場で2000円引きということで、入会金も無料だったので入会しました。私自身、わりと小さな買い物もすぐクレジットで払うため、知らぬ間にポイントが結構たまっていました。マルイで買い物すれば1%、その他では0.5%がポイントとして還元されます。この辺は普通のクレジットカードと変わらないかもしれませんが、エポスカードのすごいところは、あっという間にゴールドカードにランクアップします。定義としては年間50万円買い物していればとのことですが、公共料金やケータイ料金などをカードで払う設定にしておけばわりとすんなりゴールドカードに切り替わります。ゴールドカードになると年間50万円以上のお買い物で0.5%(つまり2500円分)、100万円以上のお買い物で1%(つまり10000円分)のボーナスポイントも還元されます。私自身、特にポイントを意識していませんでしたが、知らぬ間に8000円貯まっていて、マルイで靴が無料で買えたり、約3万円分のVJA商品券と交換したりと、カードを使って買い物してるだけなのにお得な思いをさせてもらっています。

クレジットカードは枚数を厳選して

最近は年会費が無料というクレジットカードが増えてきています。そうなるとコストパフォーマンスで比べることが難しくなるのですが、どこで比べるのが良いのでしょうか。ひとつはスタンドやショップのカードにしようかと悩ん場合、そこのスタンドやショップをよく使うならば、思い切って申請する事をお勧めします。私の場合、ネットショップをよく活用するのですが、ほとんどが楽天市場を使うため楽天カードを作りました。いつもポイントが少し上乗せされる、というのはヘビーユーザーには利点です。しかしたくさんのカードを作ると、使わないカードが必ずといっていいほど出てきます。たくさん使う機会があるかどうか、を一番に考えてクレジットカードの枚数を少な目にしましょう。

クレジットカードは一括支払いで使おう

クレジットカードって現金がなくても買い物がてきるというかできてしまうので注意しなければいけません。そもそもクレジットカードでの買い物は短期の借金ですね。まあ、昔で言うところの飲み屋のツケみたいなもので信用を担保に支払いは後日にするってことです。このクレジットカードに便利な支払い方法があります。リボリビング払いというものでリボ払いともいわれます。どんなものかというと本来の請求額にかかわらず一定金額のみを返済していくシステムです。これは便利なようで一体自分が今いくらの借金をしているのかがわかりづらくなりますし、さらに気付かないうちに大きな金利も支払うことになります。ですから、クレジットカードを使うのなら、必ず一括支払いできる範疇で使いましょう。